秘技?! ハタハタの骨の早抜き

シーズンが始まると白米すら食べない?! ストイックなまでのハタハタのみの食卓やいかに

 

秋田県民は「ハタハタの骨の早抜き」という技を持っているらしい。

1.しっぽの骨を折る。
1.しっぽの骨を折る。
2.背側と腹側を揉んで頭を引っぱると、
2.背側と腹側を揉んで頭を引っぱると、
3.骨だけすっと抜けるのだ。
3.骨だけすっと抜けるのだ。

illustrations by Chihiro Kudo

「箸とか使わないで手でどんどん食べるんですよ。

しっぽの骨はポキって折って、身をチョチョチョチョッて揉んだら、

頭からシュッと抜いて、そのまま手でバクバクって食べられるんだから。

だから解禁になると、まずは一気に一人で10匹ぐらいばーっと食べて、

あと(ハタハタの)汁もあるんで、焼きと汁で

『もうハタハタでえ。あどいいが(もういいや)』って。

このときは白米も食べないぐらいだよね。

だから時期になれば、どうしたって『ハタハタ買いに行かねば』ってさ、なるわけよ。

漁協とか、浜まで買いに来る人もいるよ。

『箱あるか?』って言ってなければビニール袋二重がけにして、

『それさ入れて持ってぐからいい』って、それで10キロ20キロ買ってって。

家で食べる分やら漬ける分やら急いで作業して、

んで、あと県外に住んでいる人に

『時期来だよ』って送ってやったりとか。

秋田で生まれて育った人は、時期になればハタハタを食べないと、

やっぱりだめなんでしょうね。(工藤さん)」


工藤さんは今年初めて、北浦漁協でハタハタのオス・メスの選別作業を手伝ったという。

 「1回行くともう50キロぐらいもらうの。

それで漬けましたよ、(ハタハタ)すしに。

1日置くともう活き落ちてダメだっていう魚だから、

もらったらもう、延々と頭を落とし、内臓をとり、

切りずしにするったら2、3枚に切って、

それをたらいの上に山のように積み……ってやるんだよね。

干したりもしますね。

さっと醤油に漬けたものを干して、ハタハタのすだれみたいにして。

うちのばあちゃんも醤油とみりんに漬けたの干したりするけど、

あれをちょっと炙って食べるともう、本当においしいの

。いくらでも食べられちゃう。

それこそハタハタはあんまり火を入れると崩れるから、

『馬の鼻息かかってら、あどいい(もういい)』って。

腹壊すべって思うけど、それぐらい、火を通すのはさっとでいい魚だと言うんです。」